代表挨拶

スマートフォンを含めたウェアラブルデバイスたちの普及により、人々は便利な機能を持ち歩くことが可能になりました。
スケジュールを管理したり、チャットをして連絡を取ったり、ゲームをしたり、映画を見たり。
これらのことが、いつでもどこでもできるようになりました。

この、ほとんどの機能はこれまであった方法をより便利にした代替になっています。
スケジュール管理は、手帳に書く形で管理の代替となりますし、チャットをして連絡、であれば、「電話で連絡を取る」の代替となります。

しかし、そのたくさんの便利な機能のうち、実際に使われているのはごく少数です。
機能を使わない人たちは、代替前のやり方の方が「自分には合っている」と言うでしょう。
そういった人たちに機能を勧めても、”代替前のやり方”というUXが自分に身についているため、新しいやり方を覚えるなんて面倒くさい、と言われてしまうかもしれません。

せっかくの便利な機能なのに、使われないのでは意味がありません。 何故、やり方を覚えてもらえないのか。

それは、”覚え方”に問題があるのです。
“覚え方”のどこかに、その人にとっての「不可能」があるのです。 覚えるのに「手間がかかりすぎてしまう」だったり、「時間がない」だったり、「難しすぎる」だったり、様々な「不可能」が隠れているのです。

ならば、どうするか。
「不可能」が「可能」になればいいのです。

覚えるのに「手間がかかりすぎてしまう」のであれば、もっと短く簡単に覚えられるように工夫をすればいいし、「時間がない」のであれば、その人が自由に使える時間の中でやりやすいものにすればいいし、「難しすぎる」のであれば、もっと楽に扱えるように専門性を弱めてあげればいい。

そうすることで、「できる」という経験が人々に提供され、「不可能」は「可能」に変わるのです。

不可能が可能になれば、人々はもっと便利に、もっと幸せになれる。
そんな世界を目指し、B.C.Membersは日々邁進してまいります。

CEO
西田 悠貴

人々に、不可能を可能にするための経験を

スマートフォンを含めたウェアラブルデバイスたちの普及により、人々は便利な機能を持ち歩くことが可能になりました。
スケジュールを管理したり、チャットをして連絡を取ったり、ゲームをしたり、映画を見たり。
これらのことが、いつでもどこでもできるようになりました。

この、ほとんどの機能はこれまであった方法をより便利にした代替になっています。
スケジュール管理は、手帳に書く形で管理の代替となりますし、チャットをして連絡、であれば、「電話で連絡を取る」の代替となります。

しかし、そのたくさんの便利な機能のうち、実際に使われているのはごく少数です。
機能を使わない人たちは、代替前のやり方の方が「自分には合っている」と言うでしょう。
そういった人たちに機能を勧めても、”代替前のやり方”というUXが自分に身についているため、新しいやり方を覚えるなんて面倒くさい、と言われてしまうかもしれません。

せっかくの便利な機能なのに、使われないのでは意味がありません。 何故、やり方を覚えてもらえないのか。

それは、”覚え方”に問題があるのです。
“覚え方”のどこかに、その人にとっての「不可能」があるのです。 覚えるのに「手間がかかりすぎてしまう」だったり、「時間がない」だったり、「難しすぎる」だったり、様々な「不可能」が隠れているのです。

ならば、どうするか。
「不可能」が「可能」になればいいのです。

覚えるのに「手間がかかりすぎてしまう」のであれば、もっと短く簡単に覚えられるように工夫をすればいいし、「時間がない」のであれば、その人が自由に使える時間の中でやりやすいものにすればいいし、「難しすぎる」のであれば、もっと楽に扱えるように専門性を弱めてあげればいい。

そうすることで、「できる」という経験が人々に提供され、「不可能」は「可能」に変わるのです。

不可能が可能になれば、人々はもっと便利に、もっと幸せになれる。
そんな世界を目指し、B.C.Membersは日々邁進してまいります。


代表取締役 CEO
西田 悠貴