UXサービス-ユースケ―ス

UXサービス-ユースケ―ス

プロジェクトを「誰の為に・どんな物を・なぜ作って売るのか」考えたことはありますか?

「考えないでプロジェクトは形にならないでしょ」と思う方が殆どかと存じますが、

その「誰の為に・どんな物を・なぜ作って売るのか」を明文化し調査分析をした資料を作成し

社内のプロジェクトに関わる全ての人へ共有し同じビジョンで設計開発をしていますでしょうか?


・どのターゲットに売ればいいのか何をペルソナにするべきなの?

・どんなユーザーがどんな時に使うからデザインは何を重要視するべきなの?

・どうして開発するのかその機能が必要なのか評価基準が曖昧にしないためにはどうするべき?

・ニーズが存在しているのかユーザーは何が不満で何を求めているのだろう?


そのプロジェクトのビジョンは実際には企画者や上流だけでしか共有されていませんか?

また、その企画者と上流の皆様はプロジェクトビジョンが果たして全員同じでしょうか?

UX設計は「使いやすい・分かりやすい」を考える事ではなく

「誰の為に・どんな物を・なぜ作って売るのか」の方針を決め

調査分析をして明確にした資料を作成すると同時に関わる全ての人々のUXを統一するのが、

「UX」を「設計」するという事です。

誰向けか分からないまま開発・販売・広告・デザインするより

プロジェクトビジョンを明文化しニーズ調査分析した明瞭な資料を

広告1本分の費用で資料を制作し社内共有する事が最優先ではないでしょうか。