10/6 横浜デジタルアーツ専門学校 × ものづくりUXLab 産学連携UX学習支援イベント開催

弊社と株式会社オルトプラスのゲームクリエイターズギルドが運営する「ものづくりUXLab」は10月6日、

学校法人岩崎学園横浜デジタルアーツ専門学校との産学連携オンラインイベント

「どうぶつの森とバイオハザードから学ぶUX思考ワークショップ in YDA」を開催しました!

今のものづくり・コンテンツ制作においてユーザーの経験を設計する「User EXperience設計」の必要性は非常に高く、

これを専門とする企業もあります。ただ、分野として注目され始めたのは日本国内ではここ10年内の話であり、

企業レベルでもまだまだ浸透しているとは言いづらい現状です。

さらに、未来のものづくりを担う学生達がいる教育現場からも悩みを耳にすることがあり、

これに対して私たち「ものづくりUXLab」が支援できることって何かないだろうか?と考えた末、

今回の産学連携イベントの実施に至りました。

イベントを通して教育現場が抱える「緊急事態宣言などによって登校することができずクラスメイトの顔すらわからない学生が多くいる」という別の課題についても、オンラインワークショップを通して学生間の親交を深めてもらうねらいがあり、

イベントはオンラインミーティングアプリ「Zoom」とチームコラボレーションソフト「Miro」を使用した

2時間ほどのグループワーク形式で約30名の学生さんにご参加いただきました。

この場をお借りしてご参加いただいた学生の皆さん、そして快くご協力をいただきました

横浜デジタルアーツ専門学校様にお礼を申し上げます。ありがとうございました!

今後も同様の形式でのオンラインワークショップイベントを企画しており、

「ものづくりUXLab」ではご協力いただける各種教育機関・企業・団体等のご連絡をお待ちしております。